USP研究所、ビッグデータ処理専用アプライアンス「uspBOA」提供開始

BSDコンサルティング、基盤インフラストラクチャを構築

ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所は2012年10月9日、ビッグデータ処理専用のアプライアンス「uspBOA」の提供を開始しました(プレス資料(PDF))。uspBOAはユニケージ開発手法をベースに開発されたビッグデータ処理専用のソフトウェアアプライアンスです。高速インターフェースで結合されたIAサーバで、無駄なソフトウェアレイヤを排除し、OSに限りなく近い実装で圧倒的な性能と安定性を提供します。

uspBOAについて発表するUSP研究所代表取締役社長 當仲寛哲氏

ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所代表取締役社長當仲寛哲氏は2012年10月10日、ITpro EXPO 2012 ビッグデータEXPOにおいてセミナー「「uspBOA」ビッグデータ処理ソフトウエアアプライアンスのご紹介 ~シェルスクリプト+tukubai で、ビッグデータ簡単スピード処理~」を講演しました。リモートでuspBOAのデモをおこなっています。

ITpro EXPO 2012 ビッグデータEXPOにおける発表の様子

uspBOAは費用対効果が極めて高いシステムで、ユニケージ開発手法をビッグデータに適用する最適なアプライアンスです。

uspBOAデモンストレーション

ビッグデータ処理専用ソフトウェアアプライアンスuspBOAのインフラストラクチャはBSDコンサルティングによって開発されました。ハードウェアの性能を発揮するFreeBSDのデプロイからチューニング、安定した動作を実現するための検証実験などが実施されています。

last modified: 2012-11-09 12:11:09