FreeBSD勉強会 IN 京都 Vol.1

FreeBSD 10.0-RELEASE 新機能紹介と変更点解説

講師
後藤大地 (FreeBSD committer)
経歴
BSDコンサルティング株式会社取締役 / 有限会社オングス代表取締役
内容

2年以上を超える開発期間を経て次世代メジャーアップグレードバージョンの「FreeBSD 10.0-RELEASE」が登場しました。10.0-RELEASEではいくつ大きな変更があるほか、これまで望まれてきたさまざまな機能が追加されています。本勉強会では10.0で導入される新機能や大きな変更点などを取り上げ、新しい機能をどのように扱ったらよいのか、変更に関してどのように対処すればよいのかを詳しく解説します。

  • 次世代パッケージ管理システムpkg(8)
  • 次世代ハイパーバイザ/仮想環境基盤 BHyVe
  • BINDをベースシステムから廃止/UnboundとLDNSの導入と活用方法
  • GCCをベースシステムから廃止/LLVM Clangの導入
  • Amazon EC2デフォルト対応/Microsoft Hyper-Vデフォルト対応
  • ZFS機能強化(LZ4とその効果、L2ARC圧縮による性能向上、NOP Write最適化、SSD対応、今後の開発方針など)
  • オンラインでファイルシステムを拡張できるUFS growfs(8)
  • 新しいカーネルレベルiSCSIターゲット/イニシエータ
  • ファイアウォールpf(4)マルチコア対応
  • ファイアウォールipfw(8)機能強化
  • マルチコア/メニーコアで性能向上 Unmapped VMIOバッファ
  • 高速ネットワーク通信機能NetMap

高性能アプライアンスでの普及が進んでいるほか、PlayStation 4のカーネルや開発ツールとして採用されたり家電製品などでも採用が普及するなど、FreeBSDはネットワーク機能を必要とするさまざまなシーンでの採用が進んでいます。FreeBSD 10.0-RELEASEで導入される機能がさらに採用のシーンを広げることになりそうです。

本勉強会ではFreeBSD 10.0-RELEASEの新機能や変更点を把握し、実務レベルですぐに利用できる知識を得ることを目指します。

開催情報

開催日時
2014年4月11日 19時00分〜21時30分 (18:30開場)
場所
株式会社アックス 会議室 (京都府京都市中京区蒔絵屋町280 インターワンプレイス京都8F)
参加費
2,000円 当日現金払い※1
定員
60名
参加申込
http://atnd.org/events/49215
Twitter
@daichigoto / #FreeBSDStudy

参考資料

協賛

実行委員

※1 領収書の発行は行いません。ご了承ください。

last modified: 2014-04-20 14:04:20