第17回 FreeBSD勉強会

マルチコアとネットワークスタックの高速化技法

講師
浅田拓也氏
経歴
カーネルデベロッパ。OpenBSD / FreeBSD開発者。Google Summer of Code 2011およびGSoC 2012にFreeBSDプロジェクトの学生として参加。現在、BHyVeにおけるBIOS関連の開発に取り組む
内容

10GbEクラスの高速なイーサネットを使う場合や、1000baseTであってもショートパケットを大量に処理するなど、ネットワークスタックの負荷がかなり高い場合にはCPUがネックになり、従来のシングルスレッドなネットワークスタックでは性能がスケールしなくなります。

FreeBSDはマルチスレッドなネットワークスタックを実現していますが、それはジャイアントロックをネットワークスタックから排除すればいいという単純な話ではなく、ハードウェアレベルでのオフロードの活用からパケットの処理の工夫など、さまざまな対応が取り込まれています。

カーネルにおける処理の並列度を引き上げ、なるべく多くのコアを活用するようにディスパッチ構造を導入したり、キャッシュヒット率を引き上げるためのスケジューラとの連携などさまざまな工夫が凝らされています。本勉強会ではこうした点について、ハードウェアとソフトウェアの双方の面から解説をおこないます。

開催情報

開催日時
2013年4月24日 19時00分〜21時00分 (18:30開場)
場所
千代田区麹町三丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館
KDDIウェブコミュニケーションズ会議室 (地図)
有楽町線「麹町駅」徒歩2分/半蔵門線「半蔵門駅」徒歩4分/JR線「四ッ谷駅」徒歩11分
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/corporate/map.html
参加費
2,000円 当日現金払い※1
参加申込
http://atnd.org/events/37993
定員
120名
Twitter
@daichigoto / #FreeBSDStudy

協賛

実行委員

※1 領収書の発行は行いません。ご了承ください。

last modified: 2013-04-28 06:04:28